1. TOP
  2. その他
  3. 【徳島県鳴門】大塚国際美術館に行ってきました

【徳島県鳴門】大塚国際美術館に行ってきました

 2017/03/07 その他 四国 観光
この記事は約 3 分で読めます。 8 Views

大塚国際美術館に行ってきました。

Sponsored Link

大塚国際美術館とは

 

陶板に原寸大で再現した世界各地の名画が一同に見れます。

 

でも陶板=レプリカ、というところで今まで行く気がなくて誘われてもグズグズしてたのですが

とりあえず行ってみました。

満足度が高い理由は「写真OK」と「触ることができる」が一番の理由ではないかな、と思います。

ベタベタ触れます。

写真もオールオッケー!でも、なあああああ

 

ミレー 晩鐘

 

 

鐘の音色に合わせ、死者へ祈りを捧げる農夫婦。本作は、夕刻の畑で、鐘の音に合わせて死者のために天使の祈りをするように祖母から教えられた、ミレーの幼い頃の思い出から描かれたとされている。

サルバドール・ダリは、この農夫婦の足元には農夫婦の子供のものと思われる小さな棺が描かれていると学説を唱えたが、研究者の間では、ほぼ異説であるとされている。

 

絵の解釈

 

作者が「この絵はこういうもん!」って言わない限り解釈を論じるのは自由だと思うけど、作者が何も言わずに亡くなって後年、後付のようにこれはこんな解釈、というのは違う気がします。

 

ムンクの「叫び」ですが叫んでいるのは中央の人物ではない、と誰が思うでしょうか。

中央の人物が想うのは「絶望」なのです。

 

大塚国際美術館に行かなかった理由

 

「陶板」へ「再現」しても油絵の具が伝えてくる「物語」が伝わらないからです。

「油絵の具」は色々なことを伝えてくれます。

最初に伝えたかったことが失敗しても上塗りしてここを伝えたい、気持ちが上塗りの完成した絵からは全然伝わらないからです。

 

それでも見たい絵

 

ゴヤ

宮廷画家として成功していたが、その後リアリスティックな画風に代わり「黒い絵」と呼ばれるシリーズを描く

我が子を食らうサトゥルヌス

 

 

ローマ神話に登場するサトゥルヌスが将来、自分の子に殺されるという予言に恐れを抱き、5人の子を次々に呑み込んでいったという伝承をモチーフにして描かれている。

漆黒の闇を背景に、裸の巨人がわが子をむさぼり喰っている。灰色の髪を振り乱し、身をよじり、前かがみで、両目も、口も鼻の穴も、もうこれ以上はもう無理だと思うほど大きく開けたサトゥルヌス

ゴヤが好き、と言うと結構な確率で「なんで?」と聞かれます。

いいやん!人間の色んな面を絵画という手法で表現した人やん!と言ってもあまり理解されないので言いませんけどね。

 

 

 

 

大塚国際美術館

 

絵画への興味の扉を開けるにはすごくいいと思います。

「モナリザ」と「最後の晩餐」と「睡蓮」と「ひまわり」が一緒に見れるのはここだけです。

ぜひ観賞して興味を持って欲しいなあ、と思います。

 

まとめ

 

ガイドブックには「早足で1時間くらい」と書いてありますが「早足でも2時間」見ておいてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

羽川

羽川

メインライター


この人が書いた記事  記事一覧

  • 【インスタ映えスポット】三豊市仁尾町「父母ヶ浜海岸」絶景フォトの撮り方

  • 【香川】インスタ映えするスポットはあるのではなく探すのだ!

  • 【坂出市】瀬戸大橋を一望できる最高のスポット瀬戸大橋記念公園

  • 【善通寺市】手作りケーキのお店、銀のしっぽにお邪魔してきました。

関連記事

  • 香川県で出会いの場所がない男性に教える出会い方

  • 【三豊市粟島】漂流郵便局~届け先のわからない手紙、預かります~

  • 香川県観音寺市が萌えおこしに本気になってきた件

  • シン・ゴジラ~フィギュアの価値は~【高知県四万十】

  • 【まんのう町】国営讃岐まんのう公園「春らんまんフェスタ」3/18~5/7

  • 首切峠(仲多度郡まんのう町・綾川町)で「うめき声」が聞こえるという噂