日本三大清流のひとつ”四万十川”は四万十市四万十町にはない件

 

日本三大清流のひとつ「四万十川」に行きたい!

 

高知県の地名「四万十(しまんと)」今は知名度も高くなって読める人も多くなったと思います。

「岐阜県・長良川」「静岡県・柿田川」と共に、日本三大清流のひとつ、と言われています。

高知自動車道四万十町中央ICで降ります。

 

高知県の西部を流れる渡川水系の本川で、一級河川 。
全長196km、流域面積2186km2。四国内で最長の川で、流域面積も吉野川に次ぎ第2位となっている。
本流に大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」、また柿田川・長良川とともに「日本三大清流の一つ」と呼ばれる。
名水百選、日本の秘境100選にも選ばれている

 

 

四万十川の沈下橋が見たい!

 

ドラマなどでよく見られる「欄干のない橋」です。

 

四万十川の沈下橋は本流に22本、支流を含めると47本ある。
日本には他に徳島県、大分県、宮崎県にあり総数で約400本ある。
鉄筋コンクリート造りで、欄干がなく、通常の水位より2-3m上にかけられている。
台風や大雨時には沈下することで、流木などが橋脚などに引っ掛って滞留し水圧がかかり橋全体が破損、流失するのを防いでいる

 

海洋堂ホビー館四万十に行きたい!

 

あの”海洋堂”のフィギュア館がなぜか?高知県にあるんですよ

 

四万十の山奥のへんぴなミュージアム「海洋堂ホビー館」

株式会社海洋堂(かいようどう)は、ガレージキット・フィギュア・食玩等の各種模型を製作する会社である。
本社所在地は大阪府門真市。模型業界では、高い造形技術と型破りな経営で有名な企業である。
造形物の精巧さや造形センスは世界屈指の水準を誇る。

海洋堂の社長のお父さんの故郷、ということでとてもへんぴな場所に「海洋堂ホビー館」はあります。

 

四万十市と四万十町は違う

 

四万十川は四万十市四万十町というところにあるんだろうな、と思ってたら。

  • 四万十市=(旧)中村市と幡多郡西土佐村
  • 高岡郡四万十町=(旧)高岡郡窪川町、幡多郡大正町、十和村

四万十市は四万十川の中~下流域に、四万十町は四万十川の中流域にある、ということで高知市からナビに従って走っていると、道路標識には「四万十町○km、四万十市○km」となっていて不思議だったのですが、理由はこれですね。

高知市から車で2~2時間半で四万十川着です。

 


この写真でも水深5メートルはあります。

 


有名な佐田の沈下橋


そして四万十川(四万十市)から海洋堂ホビー館四万十(四万十町)まで地図で距離だけを見て時間的には1時間くらいかな?

1時間半見てたら大丈夫でしょ!

と出発しました。

 

注意

 

★四万十市方面からお車で来られるお客様へ★

四万十市方面から直接ホビー館前を結ぶ県道大方大正線は、道幅が大変せまい部分がありますのでおすすめ致しません。

もっと強く「やめとけ!」って書いて欲しかったです…

部分じゃなくてずっと狭い道です。

対向車来たら交わすところがないほどの細道の山道を3時間半かけて四万十町へ。

ちなみに3時間半の間、対向車は一台も通り過ぎなかったほどの山道でした

 

海洋堂ホビー館四万十 はとにかく「ケンシロウ」でした。

圧巻のフィギュアの数々でした。

まとめ

 

日本三大清流のひとつ「四万十川」を見に、香川県から小旅行を計画してみてはいかがですか?