1. TOP
  2. 地域
  3. 仁尾町にある「元祖たこ判 小前」の名物おばあちゃん(91)はまだまだ現役です

仁尾町にある「元祖たこ判 小前」の名物おばあちゃん(91)はまだまだ現役です

 2017/05/25 地域 香川県の食
この記事は約 3 分で読めます。 3,022 Views

※2018年2月の1日に、創業者の名物おばあちゃんが逝去されたそうです。
長きにわたり地域の方に愛されていました。
謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

 

香川県の人なら「たこ判」知っていますよね?

Sponsored Link

たこ判

 

香川県では有名なB級グルメとして存在している「たこ判」ですが、どうも他県ではあまり知られていないようです。

たこ判とは大判焼きの器具を使って焼いたたこ焼きです。

香川県三豊市仁尾町にはその「たこ判」の発祥の地、と言われるお店があるんですよ。

 

元祖たこ判 小前(こまえ)

 

香川県の西の方にある三豊市、その中でも再西部の仁尾町にあるたこ判 小前がたこ判発祥と言われています。

今では香川県の各地にたこ判を売る店がありますが香川県でも一番有名な店です。

 

 

平日の昼過ぎだったので待っているお客さんは店内に1組だけでしたが「愛媛」から訪ねてきたそうで「20人前」を購入していました。

週末などは店外にも客の列が並びます。

 

 

年季を感じさせる店構えですね。

おばあちゃんの写真がこの店「元祖たこ判小前」の名物おばあちゃん(91)です。

30年以上も前からたこ判を焼き続けて最近は自宅で寝ていることも多いおばあちゃんですが、元気なときは今でも店に出てたこ判を焼くこともあります。

 

 

たこ判のメニュー表です。

一番安いのが「たこ判 80円」!!!!

このメニューには書いていませんが「チリビーフン 300円」というのもあります。

チリビーフンはおばあちゃんが台湾にいたときに食べたものを再現した料理だそうです。

卵たこ判は常時50個ほど焼いてあるのでほとんど待たずに買えますが、他のトッピング入りたこ判は注文を受けてから焼くので30分ほどは待つ必要があります。

卵たこ判以外を食べたいときは電話注文しておいた方がよさそうです。

平日の昼間でもひっきりなしに電話がかかってきてひたすらたこ判を焼いていました。

一番よく出る日曜日には500個も売れる日があるそうです。

 

 

店の奥は美容室、本当は美容室なのです。

美容室の店頭でたこ判を焼いている、だけなのです。

美容室手前にある大量の発泡スチロールは何かわかりますか?

大量注文時の持ち運び用として置いてあるものです。

 

 

卵たこ判

 

これが卵たこ判です。

 

 

とにかく大きい!!

ひとつ食べるだけでお腹いっぱいになります。

 

 

元祖たこ判 小前はこちら

香川県三豊市仁尾町仁尾辛33−9

予約はこちらから:0875-82-3189

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

羽川

羽川

メインライター

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【香川県うどん店全店口コミ】高松市多賀町:うどんバカ一代

  • 【香川県うどん店全店口コミ】高松市内町:ゴッドハンド

  • 【香川県うどん店全店口コミ】高松市南新町:さか枝うどん 南新町店

  • 【香川県うどん店全店口コミ】高松市番町:さか枝(さかえだ)

関連記事

  • 香川県三豊市高瀬町の初詣スポットは「麻部(あさべ)神社」で決まり!

  • 【香川県うどん店全店口コミ】高松市南新町:たも屋女道場

  • 首切峠(仲多度郡まんのう町・綾川町)で「うめき声」が聞こえるという噂

  • 日本一営業日の少ない駅はここにあります~子どもの守り神・津嶋神社(三豊市三野町)~

  • 【繁華街】香川県高松市の夜の街をナビゲーションする

  • 【高松市】第36回塩江ホタルまつり・2017年6月10日